カウンセリングを重視してくれる東京駅出張マッサージ

旅先や出張先で絶対に受けたい出張マッサージは、こうした時だからこそという気持ちになるものです。ホテルという開放感のある空間では、ネットサーフィンやテレビを見ることはできますが、それ以外にやることがなく退屈してしまうものです。かといってなにもしないのもなんだかもったいない、そんな時にぴったりなのが出張マッサージの利用です。ホテルの部屋に呼べるので、気を使うことも服装なども一切気にすることもないので本当に楽です。

出張マッサージのセラピストは、カウンセリングを重視してくれます。カウンセリングで、体の調子の悪いところ、マッサージに力を入れてもらいたい個所を話すことができます。腰やふくらはぎ、足裏などかもしれません。そうした部分を言えば、そのリクエストに応じてしっかりとそこをマッサージしてくれて、気持ちよく時間が過ぎていくことでしょう。もみほぐしやオイルマッサージなど、本格的なマッサージをたっぷりと受けることができます。

東京駅の定番

東京駅で待ち合わせというと、定番は「銀の鈴」ですよね。その始まりは、1968年のことでした。なぜ、この銀の鈴が必要だったかというと、それは東海道新幹線が誕生したことと関係があります。それまで、東京駅を訪れるというのは簡単なことではありませんでした。新幹線のおかげで、これまで東京駅を訪れたことがないという人も、一気に東京駅を利用するようになったのです。そこで困ったのが待ち合わせ場所です。複雑な東京駅の中は、地方の人から見たらまさに迷路のように感じるのです。1度迷ってしまったら、なかなか目的地へと着けませんでした。そこで誕生したのが、竹と和紙と銀紙で作られた銀の鈴です。当時の乗客助役であった関口要之助の提案によるもので、この銀の鈴のおかげで、東京駅を訪れた人々は迷わずに待ち合わせができたのです。
銀の鈴が誕生した背景には、便利で豊かな生活ができるようになったことがうかがい知れます。
東京駅を訪れた際には、銀の鈴をじっくりと見てみてはいかがでしょうか。

トップに戻る